窓ガラスで節電対策

水回り

窓ガラスなどにコーティングを行うことで断熱や保温効果を高めることができ、同時に節電対策も行うことができます。また窓ガラスのコーティングは安い費用で行うことができ、コーティング自体も短時間で終えることができます。

手すりの設置

お手洗い

住宅に手すりを設置することで小さな子供や高齢者の方も快適に生活することができるようになり、事故などを未然に防ぐことができます。また手すりの設置をする際は利用者が利用しやすいように、事前に相談などを行ないましょう。

屋根のリフォーム

水回り

屋根が劣化してくると雨漏りなどのトラブルが発生してしまうので、定期的に屋根のリフォームを行ないましょう。また屋根のリフォームにはそれぞれ違った特徴を持った方法があるので、それぞれに適したリフォームを行ないましょう。

Read More

業者でトラブル解決

スイッチの修理が必要なとき

トイレ

自宅や職場で電気に関連するトラブルが起こったら、すぐに電気工事業者に委託することが必要です。電気関連の修理や交換など電気工事を行うには資格が必要です。簡単な設備の修理にも、やはり資格を持って専門家に依頼しなければなりません。よく発生するトラブルとして、照明のスイッチがります。スイッチが故障した、動かない、照明がつかない、つきにくい、カバーが破損した、外れた、などがスイッチに関連したトラブルでしょう。電気工事を専門に行う業者さんに連絡し、スイッチのトラブルの内容を伝えましょう。依頼を受けた業者のほとんどがすぐに訪問してくれます。その場でトラブルの内容を確認し、修理または交換が必要な場合、その作業内容と費用の見積もりを提示してきます。その作業内容と費用に問題がない場合は、その条件で契約します。契約に基づいた修理あるいは交換作業が完了したら、それを確認し納得したうえで支払いを行う、というのが通常の手続きになります。

一般的に必要な費用は

電気工事業者に自宅や事務所まで来てもらい修理や交換作業を委託した場合の費用は、作業内容や交換部品によって大きく異なります。簡単なスイッチの修理や交換だけなら、5000円から10000円の間で済みます。この範囲内で普通の修理やスイッチの交換もしてもらえるでしょう。しかし、配線部分に何らかのトラブルが見つかったり、本格的な工事が必要になった場合などは、工事代金や材料費などが加算されます。したがって、最初にトラブルの内容をよく確認してもらい、どのような作業が必要で、その費用がどれくらいか、という見積りを出してもらうことが重要になります。もし、見積り内容に納得できないようなら、作業を断ることもできます。実績と経験がり、また信用できる業者に相談することが重要です。